シングルマザー育児・子育て・介護情報

YU-MI

子どもが甘えてくることは幸せなこと?子どもは甘えさせていいの?

読了までの目安時間:約 7分


子どもが甘えてくることは幸せなこと?子どもは甘えさせていいの?

 

子育ての中で子どもの甘えさせ方に悩まれていませんか??

甘えさせることはいいことなのか??

私も悩んだことがあります。

でも子どもが甘えてくることは喜ばしいことで貴重な時間だったんです!!




 

我が家の息子達はとっても甘えん坊くんです。

 

「お着替えさせて~」

 

「ご飯食べさせて~」

 

「抱っこ抱っこ~」

 

「トイレに一緒に行こうよ~」

 

「一緒に寝てくれないと眠れない~」等々・・・

 

私が座ればすぐに膝に・・・

2人で膝の上の取り合いをし結局2人とも膝の上に座るってことも・・・

 

以前の私は子どもがベタベタと甘えてくると

 

「もう赤ちゃんじゃないんだから」

 

「今忙しいから」

 

「後でね」

 

と言って子どもとのコミュニケーションを取らずに

貴重な時間を無駄にしてしまっていました。

 

 

皆さんははどうでしょうか?

 

 

子どもが甘えてくる事は幸せな事で
貴重な時間でありその時間は短いってことを知っていますか?

 

子どもが甘えてくることは幸せなことで貴重な時間?

 

「おかあさん・・・おかあさん・・」

 

と子どもが甘えてくる期間は本当に短いです。

 

気付いたら「抱っこ~」と言ってこなくなり抱っこすることさえなくなってしまいます。

 

我が家の小学4年生の息子は最近あまり甘えてきてくれなくなりました。

私からチューしようと顔を近づけると当然ながら嫌がってさせてくれません。

顔にスリスリすら嫌がって「もう!やめてよ!」と言われてしまいます。

 

小さい頃は子どもの方からしてくれていたのに・・・

 

なんだかとても寂しいと感じています。

 

子どもによって甘えてくる期間は違うと思いますが

甘えてくる間は無条件で甘えさせてあげましょう。

 

きっとそうした方がいいです!!

 

自分自身が寂しくなる日が絶対にきます!

 

たくさんギュッとしてあげてください。

 

ただギュッと抱きしめるだけで

言葉でのコミュニケーション以上の愛情を子どもに伝えることもできます。

 

子どもが甘えてくることは本当に幸せなことで貴重な時間です。

 

疲れていても、何かしていても

少しだけ手をとめて抱きしめてあげてください。

 

きっとあとで振り返ったときは

仕事で疲れていた記憶よりも子どもと触れ合った記憶の方が鮮明に記憶に残るはずです。

 

子供も頑張っているんです!

 

幼稚園・保育園・学校・部活動・塾など

色んな場面で子どもも頑張っています。

 

お友達や先生との会話を聞いてみてください。

子どもなりに気を使って会話をし接しています。

 

一歩家から外に出て親の手を離れると

子どもも私たち大人と一緒で一生懸命頑張っているんです。

 

家でお母さんやお父さんに甘えてくるのは

外の世界で頑張っている証拠でもあります。

 

子どもはお母さんやお父さんに甘えることで

心のバランスをとり少しずつ成長していきます。

 

忙しいとわかっていてわざと困らせるとこを言ったりするともあります。

 

それは、困らせることで自分の存在を示しているのです。

 

子どもが甘えきたら

 

「今日も一日頑張ったんだね」

 

と言ってたくさん・たくさん甘えさせてあげてください。

 

そうすると子どもも

 

「よし!!また明日も頑張ろう!」

 

と思ってくれるはずです。

 

最後に

 

療育施設の先生に

 

「1~2~3~4~5~6~7~8~ハイッ!!」

 

数えながら抱きしめると数秒間ではあるけども

愛情を伝えることができると教えてもらったことがあります。

 

我が家の5歳と3歳の息子は忙しい時間にたくさんの抱っこの要求をしてきます。

その際は ギュッと 私は区切りよく10秒程抱きしめてあげています。

 

もう一回」「もう一回」と言ってくることも多いですが

これも今だけの幸せな時間なんだと思って接するように心がけています。

 

「もう赤ちゃんじゃないんだから」と言うのはやめました。

「甘えてきてくれてあれがとう」と思うようにしています。

 

考え方を少し変えただけで自分の心に優しい気持ちが増えたように感じます。

 

あなたのお子様の甘えてくる期間はそんなに長いものではありません。

 

甘えてきてくれることは幸せなことです。

 

貴重な時間を大切に過ごしましょう。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。



 

子育て情報

この記事に関連する記事一覧