シングルマザー育児・子育て・介護情報

YU-MI

注意欠陥・多動性発達障害とは?症状と特徴は?治療法はあるの?

読了までの目安時間:約 8分


注意欠陥・多動性発達障害とは?症状と特徴は?治療法はあるの?

 

近頃 発達障害と診断される子どもが増えてきています。
子どもだけではなく大人に診断されることも多いようです。
注意欠陥・多動性発達障害 または ADHDと言われている障害は
今はまだ周囲への理解度は少ないように感じます。

 

そもそも注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)とはどんな障害なのでしょうか?




 

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)とはどんな障害なの?

注意欠陥・多動性障害
不注意・多動性・衝動性3つ症状がみられる発達障害のことです。

 

注意欠陥・多動性障害
Attention Deficit Hyperactivity Disord 略してADHD
発達障害の一つであり
神経発達障害または行動障害であるといわれています。

 

社会的な活動や学業に支障をきたすことがある障害とも言われています。

 

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)の症状と特徴は?

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)症状
不注意・多動性・衝動性の3つの症状があります。

 

不注意

・気がそれやすい
・物事を忘れたり 物をなくす事が多い
・一つの事に集中することが難しい
・すぐに退屈になる
・予定通りに行動することができない

 

多動性

・じっと座っていることができない
・そわそわと落ち着きがない
・絶え間なく喋り続ける
・静かにすることができない
・黙って待ち続けれない

 

衝動性

・結論なしに喋り続ける
・他人を遮って喋る
・順番を待つことができない
・思ったらすぐに行動してしまい考えて行動できない

 

上の3つの症状の現われ方の違いから3つのタイプに分かれます。

 

・多動性・衝動性優位型

多動性と衝動性の症状が強く出ているタイプです。

 

・不注意優位型

不注意の症状が強く出ているタイプです。

 

・混合型

多動性と衝動性、不注意の症状が混ざって強く出ているタイプです。

 

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)の治療方法や原因は?

 

現在のところ明確な治療方法はまだわかっていないようです。

 

しかし教育から学ばせる療育施設症状を緩和させる薬はあります。

 

うちの子は療育施設に通うようになって少しずつですが
症状が落ち着いてきています。

 

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)はどうしてなるのか?
はっきりとした詳しい原因はまだ解明されてはいないようです。
先天性遺伝性もしくは環境でなると書かれていたり
脳の前頭前野部分の機能異常だと書かれているものもあります。

 

ただし育て方やしつけからなるという考え方は違っていることが
判明しているそうです。

 

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)の子どもと生きる。

 

現在5歳になる私の子どもは4歳の時に

 

・注意欠陥・多動性障害(ADHD)
・広汎性発達障害と診断されました。

 

おかしいと思ったのは3歳の時でした。

 

とにかく落ち着きがなくどこに居てもチョロチョロ・・・

 

保育園の運動会でも並ぶことが出来ずに終わるまで走りつづけていました。

 

発表会では、舞台から出てしまいダンスも劇もすることなく終わってしまっていました。

 

ある時は、保育園の遊具の上から飛び降りてしまったこともあります。

 

日常生活では、スーパーなどの買い物に行き車から降りると

すぐに走り出してしまう事があり
何度もヒヤヒヤしたこともあります。

 

買い物先でもすぐに手を離したがり一瞬でも目を離してしまうともうそこにはいません。
買い物もゆっくりできる状態ではありません。

 

外食先でも待つことができないので自分の食事が終わると
立ち上がり席を離れてしまいます。

ゆっくり食事もできず
他のお客様のご迷惑にもなってしまいます。
家の中でも常にウロウロしたり
グルグルと走り周ったりと落ち着きがありません。
部屋の障子やふすまも破いたり
畳や壁に落書きしたりもします。

 

でも、そんな彼にも唯一少しだけ静かに集中できる時もあります。
自分の好きな遊びをしている時です。
ブロックやロボット遊び・戦隊物で遊んでいる時
好きなアニメを見ている時・寝る前の絵本の時間です。

 

同じ物で長く遊ぶことはなかなかできませんが
彼なりに楽しく遊んでいます。

 

現在 療育施設に通っています。

病院は半年に1回受診しています。

療育施設の先生に

 

・とにかく褒める!
・才能を見つけてサポートしてあげる!
・守らなければならないルール
・危険だと思う行為はきちんと教えてあげる!

 

と教えて頂きました。

 

今では2年前よりもだんだん落ち着いて行動できることも増えてきています。

 

運動会も発表会も彼なりに最後まで頑張ってできるようになりました。

 

外食先ではまだ席を離れることも多いですが落ち着いて食事できる日もあります。

 

最近、英語に興味を持ち公文にも通いはじめました。
英語への興味と関心が強いのかきちんと座ってお勉強しています。
私自身これにはビックリしているところです。

 

苦手なことはまだまだ多いですが
少しずつ成長していく息子を見て
とても嬉しく思っています。

 

子育てしている中で思うように行動してくれず
伝えたい事がうまく伝わらず育児に疲れを感じてしまうこともありますが
一つ一つ彼と一緒に頑張って歩んでいけたらいいなと考えています。

 

最後に

注意欠陥・多動性発達障害(ADHD)は特性の一つです。

 

その子に合った環境を整えたり
接し方 言葉のかけ方を工夫することで
いい方向へ歩んでくれるはずです。
子どものいいところ 得意なことを
見つけて伸ばしてあげてみましょう。

 

一人でも多くの子どもが毎日を楽しく過ごせるように
一人でも多くの子どもの未来が楽しい未来でありますように・・・

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。



 

タグ :     

子育て情報

この記事に関連する記事一覧