2分の1成人式 感謝の手紙

YU-MI

2分の1成人式とは?どんなことをするの?目的は?

読了までの目安時間:約 7分


 

 

2分の1成人式とは?

 

どんなことをするの?

 

目的はなに?

2分の成人式とは成人の2分の1の年齢である10歳を迎えたことを記念して行われる行事です。

 

文部科学省が定める学習指導要綱に当該行事の記載はありませんが

実施校や教諭の裁量により課外活動の一環として行われているところも多いようです。

 

名称として十歳式ハーフ成人式や半成人式と言われています。

 

私の息子の2分の成人式は3月5日に行われました。

他の地域では10月~11月・1月~2月に行われている学校が多いようです。

 

考案者は神戸県西宮市の佐藤修一教諭で

1980年頃、4年生の担任をした際に高学年への門出に

「背筋を伸ばして参加するようなイベントを」と考案したそうです。

 

ベネッセの調査では、

2分の1成人式に参加して満足した親の割合は9割でした。

 

2分の成人式とはどんなことをするのでしょうか?




 

2分の1成人式はどんなことをするの?

 

私の小学校では日曜参観の学習発表会で行われました。

 

目次を紹介します。

 

1 子どもの作文

2 保護者からの贈り物(手紙)

3 合奏 <情熱大陸のテーマ>

4 合唱 <大切なもの>

5 ショートムービー

・3分間ぐらいの映像でした。

 

2分の1成人式の目的は何?

 

これまで生きてきた10年を振り返って自分の成長を感じ

前向きに生きていこうとする心を育てたり

育ててくれた家族や周囲の方に感謝の気持ちを高めることを目的としてるようです。

 

2分の1成人式では、これまで学習してきたことを生かして

一人ひとりが作文にして発表してくれました。

 

・10年間振り返って自分の成長したところ

・できるようになったこと

・自分のいいところ

・これからの目標(これから頑張りたいこと)

・将来の夢

・最後に育ててくれていることへの感謝の言葉

 

内容はこんな感じでした。

 

そして作文と小さな紙に書いた絵を手渡し握手しました。

 

私の息子の小学校の人数が15人程度なので

一人ひとり発表ができたのかなと思います。

 

保護者からの手紙の内容は

・子どもの成長を認める内容

・自己肯定感を高められる内容または励ましの内容

を手紙にかいて欲しいと学校からお願いされました。

 

子どもがこれから自分自身に自身を持ち

生きていこうとする気持ちを高めたいというのが目的のようです。

 

手紙は、当日参観に来られない家庭もある為

渡すのは担任の先生から子どもたちに渡していました。

 

子ども達は先生から渡された手紙をその場で読み

それぞれいい表情をしていました。

 

私の息子は目に少し涙をためて私の方を見て

にこっ(^^) 微笑んでくれました。

 

実際体験して感じたこと

私自身も20年前に2分の1成人式を実際経験し

母に感謝の手紙を書き、普段は照れくさくて言えていなかった
<ありがとう>を伝えることができたこと

母が私を大事に想ってくれていること

自分のこれからの目標をみんなの前で発表することにより

自分の学力に対する意識も高まったことを覚えています。

 

そして、自分の子どもが2分の1成人式を迎え

普段なかなか教えてくれなかった子どもの将来の夢や

これからやりたいことや頑張りたいことがわかり

これから子どもへのサポートの仕方を

考えていけそうです。

 

育ててくれてありがとうと息子に言われ

本当に素直に嬉しかったです。

 

息子自身も私からの手紙を読み

少し涙をためていたので

私の気持ちが伝わったのだと思います。

 

10歳の子どもに好き好きぃ~と

普段抱きしめることは少なくなっていると思います。

 

このような場を大事にして

・大事に想っていること

・日々の成長が嬉しいこと

・悩みがあれば頼って欲しい気持ち

・これからもずっと貴方の味方だということ

 

産まれてきてくれてありがとう!!という気持ちを

伝えてあげることで子どもも愛情を感じてくれるのだと思います。

 

2分の1成人式はまだ歴史が浅く批判の声も多いようです。

 

でも、私は2分の1成人式があって良かったと思っています。

 

これからこの子の為に私自身も頑張っていきたい!!

とあらためて感じることができました。

 

2分の1成人式の開催時期や規模などは、学校によって違うようです。

 

内容も様々のようですが、将来の夢や保護者への感謝の気持ちを発表する点は

多くの学校に共通しているようです。

 

自分の気持ちを自分の言葉で発表する姿を見て

「我が子の成長を実感した」

「これまでがんばって育ててきて良かったと感じた」という声も多くあるようです。

親子の感謝の気持ちは、普段それぞれ感じてはいてもなかなか伝えにくいものです。

 

2分の1成人式を通して

そうした想いを互いに伝え合い、互いに感謝し

互いの存在を認め合うというのもいいなと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。



 

タグ :

子育て情報

この記事に関連する記事一覧